クレジットカード現金化は夜中でもできる!利用するときに知っておくべきこと&注意点

クレジットカード現金化は夜中でもすることができます。
ただし、昼間などとは少し事情が違うため、最低限のことは知っておきましょう。
クレカ現金化について、夜中にできること、夜中だと出来ないことなどを理解してから申し込むようにして下さい。

基本的にどの業者でも24時間申し込みをすることができる

クレカ現金化業者は、基本的にどの業者でも24時間申し込みをすることができます。
夜中だと電話が通じないこともありますが、インターネットやLINEなどを使って24時間申し込みをすることができます。
現金化業者のHPには「24時間申し込みOK」と書かれているように、申し込みならいつでも可能。
ただし、24時間いつでも申込ができるからといって、24時間営業しているわけではありません。
営業時間が終わっている場合は、翌営業日に業者から連絡が入ることになります。
連絡が入ったら本人確認などを行い、そこから現金化の手続きを進めていくことになります。

営業時間に申し込まないと振込は翌日になる

夜中は営業していない現金化業者の場合、夜中に申し込みを完了しても振込は翌営業日に行われます。
「即日入金OK」と書かれている業者であっても、それは同じ。
即日入金ができるのは、営業時間内に手続きや処理が終わっている場合に限ります。
営業時間は業者によってバラバラ。
夕方までしか営業していないこともあれば、20時まで、21時までなどそれぞれ決まっています。
夜中に即日入金を希望している場合は、夜中も営業している業者を利用するようにしましょう。
初めて利用する場合は入金までに1時間ほどかかることもあります。
22時まで営業している業者であれば、即日入金を希望しているなら遅くても20時までには申し込みをするようにしましょう。

本当の意味で24時間営業をしている業者もある

現金化業者を大きく分けると、24時間申し込みができるだけの業者と、24時間営業している業者があります。
本当の意味で24時間営業を行っている業者もあるので、夜中に利用したい人は探してみましょう。
見極めるポイントは、会社概要に書かれている営業時間や、電話が24時間対応になっているかどうかです。
24時間営業なのか、申し込みができるという意味なのか分かりにくくなっているので、その2つを確認しておきます。
まずは会社概要の営業時間に24時間営業と書かれているかどうかをチェック。
更に、電話が24時間通じるかどうかも確認しておきましょう。

夜中に振込をしてほしいときは対応口座かどうか調べておく

夜中も営業している業者だからといって、必ず夜中に振込が行われるというわけではありません。
夜中であれば銀行が閉まっているので、対応口座でないと振込が出来なくなっています。
基本的に、モアタイムシステムに参加している金融口座であれば24時間振込OK。
大手銀行や金融機関、ネット銀行であればほとんどがモアタイムシステムに参加しています。
地方銀行などは口座によっても異なるため、前もって調べておくと安心。
どうしても夜中に振込をしてほしいときは対応口座に入金してもらうようにしましょう。
対応していない口座であれば、例え24時間営業の現金化業者でも振込をすることはできません。

クレジットカード現金化を夜中にするときは業者をしっかり選ぼう

いつ入金されても構わないのであれば問題ありませんが、即日入金してほしいなら業者はしっかり選ぶようにしましょう。
営業していないと振込処理をすることができないので、即日入金をすることができません。
24時間営業している業者で対応口座であれば、夜中の振込も可能。
夜中にしか申し込みができないのであれば、24時間営業の業者をいくつか調べておくといざという時に便利です。