ゴジベリー

ゴジベリー

日本ではクコの実と呼ばれ、3,000年以上も前から漢方、薬膳料理に使用されてきました。

2,800メートルの高山で育ち、手摘みにされた大粒ゴジベリーです。

多くのベータ・カロテン、ゼアキサンチンを含む為、

紫外線や環境ストレスによる酸化ダメージを予防する効果があると

言われ、日焼け止め効果もあるとされています。

栄養成分表示(50gあたり)

ゴジベリ 栄養成分(50gあたり)