オーツ麦

オーツまる麦穀物の王様 

オーツ麦(燕麦)

オーツ麦は栄養価が高く、昔から世界中で健康食品として知られています。

ボディービルダーの方々やモデルさんたちをはじめとするジムなどでダイエットやヘルシーで健康的な身体づくりをする人たちの間でグラノーラやオートミール等としても人気になってきました。

また近年、心疾患のリスク軽減、コレステロール値を下げる、糖尿病の助けとなる、血圧を下げる等様々な学術論文も発表され、オーツ麦はますます人気になっています。(Pub med参照)

オーツ麦が穀物の王様といわれる理由

①食物繊維が豊富

・水溶性,不溶性のバランスが良い

・Bグルカンが摂れる為、胃腸で消化分解されず、腸内の免疫担当細胞に働きかけます。

また、管状動脈心疾患のリスクの減少、血糖値上昇抑制、排便促進効果、

コレステロール値上昇抑制等、多くの可能性を秘めている成分としても研究が進められています。

②たんぱく質が豊富

・植物性のたんぱく質が豊富に摂れます。

・必須アミノ酸9種類全てを含む完全たんぱく質

③ビタミン・ミネラルが豊富

穀物の中ではずば抜けたビタミン,ミネラル等の栄養素が豊富に摂れます。

その中でも特に注目なのが美容,健康効果が高いと言われ、薬やサプリメントにもなっているビオチンです。

ビオチン・・・健康なお肌や髪の毛を保つために欠かせない栄養素として注目が集まっている。

(日本食品成分表2017)

オーツ比較-jpg

④オーツ麦は基本的にはアレルギーの原因となるグルテンを含んでいません(国によってはオーツ麦グルテンをアレルギーの原因に含めている所もあります。)

穀物グルテンプロテインを含む小麦、大麦、ライ麦等とは違い、オーツ麦はアベニンというプロテインを含んでいます。

本来のオーツ麦はグルテンアレルギーやグルテン不耐症の方にも安全だと言われています。

ただし、1%未満のセリアック病患者がオーツ麦を大量に食べた時に反応するとレポートにありますので

小麦コンタミのない100%純粋なオーツ麦を使うということはグルテンを避けるには良い選択です。

(シカゴ大学セリアック病センターより)

当社で取り扱っているオーツ麦のグルテンレベルは63.6ppm~80ppmなので、EUの低グルテン(very low gluten)のレベルになります。(小麦・大麦と同じラインで製造しています。)

③GI値が低い

オートミールの平均は55といわれています。

https://www.health.harvard.edu/diseases-and-conditions/glycemic-index-and-glycemic-load-for-100-foods

 


オーツ商品

▼クリック

ライスオーツ

▼クリック

オーツフラワー クッキー